雨が降る降る休日なのに

降水確率50%が嫌いだ.
「何か過去のデータじゃ半々だし,じゃあ50%って出しとこう」って感じが.
傘を持って行くか行かないかに,50%はないんだよ.0か1しかないんだよ.
データが50%と言っているなら,気象予報士が1%を判断したらいいじゃないか.
降水確率51%とか49%とか.
仮に,49%を信じて外れて雨に降られても,僕は絶対に文句は言わない.
気象予報士の出した1%を信じたんだから悔いはない.その後だって信じ続けるさ.

カンでいいから1%の可能性に賭けたらいいんだ.
そんな天気予報に僕だって賭けてみたいんだ.

ってなことを高校生の時には思ってた.
そんなことを思い出した,梅雨の最後の悪あがきの日.
アホだなぁ.
[PR]
by Tickerer | 2005-07-03 23:06 | 日常
<< 『輪講お休み』のカードはそんな... 新探偵 >>