あの兄弟に迷惑している

中川家の『サラリーマンが電車に乗ろうとして,目の前でドアが閉まって乗れない』ってネタがあるじゃないですか.あれのおかげで,本当に目の前でドアが閉まって乗れない時に苦労するようになりました.

気を付けないと,本当にあのネタ通りの行動をとってしまうんですね.で,もしそんなことをしようもんなら,電車の中の人達はそんな僕を見て,絶対に中川家を思い浮かべると思うんですよ.
「ぷっ,ホンマにあのネタのまんまやん」
って笑われると思うんですね.

結構意識してたこともあって,あのネタのようにしらじらしく振舞うのではなく,
ちょっと握り拳で,
「くそぅ!!」
って感じを全面に押し出してやったこともあるんですね.でもその時は,
「ぷっ,おいおい,そんなに必死に乗ろうとしなくてもいいじゃん」
って感じで見られた気がしたんですよ.

どうしよう.何が正解なのか分からない.
中川家もちょくちょくあのネタやるから,なかなか風化しないし.
[PR]
by Tickerer | 2005-07-12 23:24 | 日常
<< 其の一~三 続・書きたかったのはこんなエン... >>