其の四~六

わき目を振らず突っ走る漫画,少年ジャンプの某テニス漫画にこれから出てきそうな必殺技を考えてみる.の,第二回.
★の数は自分なりの『ありそう度』

其の四 召喚
★★★☆☆
e0011565_21503834.jpg過去・現在問わず,プロテニス選手を召喚して戦わせることができる.ただし,そもそもあの世界の中学生がプロのレベルを遥かに超えているため,たとえトッププロを呼び出したところで勝てはしない.一見,使いどころのない必殺技に思えたが,女子プロを呼び出すとギャラリーが増えるという特性を発見.中学テニス振興に一役かうことに.シャラポワなんか呼び出した日にゃあ,男子中学生大盛り上がり.



其の五 ミナデイン
★☆☆☆☆
e0011565_2156652.jpg皆の力を合わせて打球を放つ.一見ルール違反だが,ジャンプの三大テーマ「努力・友情・勝利」を踏襲しているため使用許可がおりる.しかし結局は数がモノを言う必殺技のため,出場校は練習よりも部員勧誘に躍起になり欲望渦巻く政治戦に.その為,翌年からは再び使用禁止になるが,その泥臭さが一部マニアにうけ,使用許可バージョンが大人の漫画,月刊マ○ジンにて連載開始.

其の六 三刀流
★★★★☆
e0011565_22101061.jpg同じ出版社なら大丈夫だろうという安易な発想から生まれた作品.使い手は,先日ラケット二本で退場になった宮本某の末裔.今回はさすがに試合前にストップが入るも,
「ラケットを口に咥えちゃいけないなんてルールはないぜ」
と,そもそもラケット三本が問題なのに,抗議の論点が分かっていない様子.試合をさせろとダダをこねるも,良識ある大会関係者らによってまたもや没収試合に.
「どこで咥えればよかったと言うのだ」
と退場後のコメント.まだよく分かってない.
[PR]
by Tickerer | 2005-07-18 22:41 | 王子様
<< 想いは通じるものなり そんなもん,『DEEN』と『F... >>