本が何とかかんとか22

理由
宮部 みゆき / 新潮社
スコア選択: ★★★★

宮部みゆき長編小説.
一登場人物の目線から物語を進行していく形式は多い.対してこれは,インタビューという形を借りて,関係者各々,それぞれの目線から一つの事件を描写してゆくルポルタージュという形式をとる.ルポルタージュ,つまり事後報告の形をとる以上,現在進行形のライブ感はなく,それに付随するスリルやドキドキ感のようなものはない.サスペンス小説の一要素を確実に欠いているのでは?何て思っちゃったりもしたが,ごめんなさい,余計なお世話.
不幸にも事件に巻き込まれてしまった人間の輪郭を,繊細かつ丁寧に,しかしゴリゴリと浮き彫りにしてゆくことで,当初誰が誰に殺されたのかさえわからなかった事件を明らかにしてゆくその絶妙さは,トップダウンともボトムアップとも取れない手法であり,巧いなぁと.巧いなぁと(in 通勤電車).

好き嫌いが分かれそう.
僕はそれほど好きじゃない.え.
[PR]
by tickerer | 2006-11-23 22:42 |
<< 本 23 おひさひさ >>