がっつり読みたいなぁ本 24

夜のピクニック
恩田 陸 / 新潮社
スコア選択: ★★★★

内容(「BOOK」データベースより)
高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。それは全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通すという、北高の伝統行事だった。甲田貴子は密かな誓いを胸に抱いて歩行祭にのぞんだ。三年間、誰にも言えなかった秘密を清算するために―。学校生活の思い出や卒業後の夢などを語らいつつ、親友たちと歩きながらも、貴子だけは、小さな賭けに胸を焦がしていた。本屋大賞を受賞した永遠の青春小説。

全国の書店員投票により決定される本屋大賞.本屋さんが,「これを是非読んで欲しい!」という本に与えられる本屋大賞受賞作.作中の歩行祭っていうのは主人公の通う高校の修学旅行みたいなもの.「その話は夜までとっとくよ」なんてセリフを聞いたとき,「くあっ,懐かしい!」と羨ましがりながら,自分の修学旅行を思い出して口元が緩むのを懸命に我慢したり.(電車の中だからね).気持ちのいい読後感.そう言えば,友達の好きな子聞き出すのうまかったなあ,おれ.
[PR]
by tickerer | 2006-12-13 02:10 |
<< 本ばい 25 本 23 >>