まさしく本だ 30

クライマーズ・ハイ
横山 秀夫 / 文藝春秋
スコア選択: ★★★★★

内容(「BOOK」データベースより)
1985年、御巣鷹山に未曾有の航空機事故発生。衝立岩登攀を予定していた地元紙の遊軍記者、悠木和雅が全権デスクに任命される。一方、共に登る予定だった同僚は病院に搬送されていた。組織の相剋、親子の葛藤、同僚の謎めいた言葉、報道とは―。あらゆる場面で己を試され篩に掛けられる、著者渾身の傑作長編。

これまで読んだことのある本の中で一番よかったです.本当に大傑作だと思いました.まだ読まれたことのない方は,是非とも,是非とも読んでみて下さい.

十冊の自己啓発本よりこの一冊.仕事に向かうってのはこういうことだと,ガツンと背骨を殴られました.痛かったよ,なんせ十冊は分厚いもん.

一生に一度でいいから,ここまで本気で自分の仕事と向き合ってみたいと思いました.僕はまだ山に登る気はありませんが,そうだな,35くらいになったら,もう一回,この本を読みなおそうって思っています.
[PR]
by tickerer | 2007-01-27 02:01 |
<< アイスじゃないよ 本だよ 31 ほ.ん29 >>