カテゴリ:本( 36 )

今までに売れた本を読んでみようキャンペーン その6

問題な日本語―どこがおかしい?何がおかしい?
北原 保雄 / 大修館書店
スコア選択: ★★★


こちらきつねうどんになります.
きつねうどんになるの?

耳障りの良い言葉.
障りって悪いイメージですけど.

最近,若者の間でよく聞かれる乱れた日本語を訂正しよう!!
みんな,昔からある本来の日本語をしっかり守って使おう!!

...という本ではなくて.

何故そういう使われ方をするのか.理由はどこにあるのか.
本当に間違っているのか.市民権をあたえてもよい現代語もあるのではないか.

という風に,日々刻々と生まれては消える『言葉』について,柔軟な視点から分析している本.「正しい用法」,「明らかに誤用」,「これから辞書に載るかもしれない用法」についてきちんと知っておくことができる.

勉強になりました.

ただ,文中で品詞名を多用しているのがやや読みにくかった点ではある.
というか,忘れていたのが悲しい.
[PR]
by Tickerer | 2006-01-18 23:14 |

今までに売れた本を読んでみようキャンペーン その5

話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く
アラン ピーズ バーバラ ピーズ Allan Pease Barbara Pease 藤井 留美 / 主婦の友社
スコア選択: ★★★★


そう,もう4年くらい前のベストセラーを読む.
遅い?今なら50円だぜ.

なぜ男は一度に一つのことしかできないのか.
なぜ女は男の浮気を簡単に見破ることができるのか.

男女の脳の仕組みの違いから,男と女の違いの不思議を解き明かす.

という本ですね.

で,なぜなぜ女は男の浮気を簡単に見破ることができるのか.
それは,女の脳は周辺視を得意としているから.

へー.
女の人は周辺視が得意なんだ.

周辺視...
女は...得意!? Σ(゜□゜;)

男女差!?
何!?その情報!?

嫌がらせ!?


あと,ちょっとエッチな話についても載っている.
エロティシズムを学術的論点から考察しているのに,そこを少し斜めから読んでしまう僕はまだまだ若い.
[PR]
by Tickerer | 2006-01-17 23:24 |

今までに売れた本を読んでみようキャンペーン その4

世間のウソ
日垣 隆 / 新潮社
スコア選択: ★★★


鳥インフルエンザは報道されているほどに危険なものなのか?
民事不介入ってそもそも何だ?

日常のニュースなどでは明らかにされない,著者の言う「世間のウソ」について,全15話で構成されている.

ニュース番組とネット上での,一つの事件についての視点や意見の違いに面白みを感じ始めた今日この頃.
こういう本を読むのも面白い.

ちょっと口が悪い(?)部分もあるが,紙媒体なのだからよし.(そうなの?)
歯に衣着せぬくらいがちょうどいい.
[PR]
by Tickerer | 2006-01-12 23:16 |

今までに売れた本を読んでみようキャンペーン その3

頭がいい人、悪い人の話し方
樋口 裕一 / PHP研究所
スコア選択: ★★


社会人になって,こんな話し方をしていたら周りからアンポンタンに見られるよ.
ということを40のタイプ別に載せている本.

こんな人がいたらこういう風にしましょうとか,あなたは大丈夫ですか?
とかについても.


今さらこんなことを確認しなくてもなぁと思ったり.

3つか4つのタイプについては自分に思い当たるふしがあったり.
「善人に見られようとしている」とかね.

ほんとにこんなにひどい人がいるのかと思ったり.
ただ,僕より一足先に社会人になった友人達の話を聞くといるんだろうなぁと思ったり.
確かに僕は今まで周りの人には恵まれている気がする.

心構えをするという意味で,今の時期に読んでおいたのはよかったかもしれない
[PR]
by Tickerer | 2006-01-09 23:20 |

今までに売れた本を読んでみようキャンペーン その2

バカの壁
養老 孟司 / 新潮社
スコア選択: ★★


い,今さら!?

って思った?
うん,そう,今さら.

うーん.そこまで売れるような本かぁというのが正直な感想.
読みが浅いのかどうなのか.
[PR]
by Tickerer | 2006-01-07 21:02 |

今までに売れた本を読んでみようキャンペーン その1

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学
山田 真哉 / 光文社
スコア選択: ★★★


どうも.
オリエンタルラジオと小室哲哉と桂小枝は同じだと思うTickererです.

今までに売れた本をとりあえず読んでみようというキャンペーンを始めました.

その1は去年の年間書籍売り上げランキング2位の
『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』です.

通学途中の電車で読んでたら2日で読み終えてしまいました.

とりあえず,何でさおだけ屋がつぶれないのかは理解しました.
[PR]
by Tickerer | 2006-01-05 23:17 |