<   2006年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

土産

横浜土産をもらう.

相手さん「はい,肉まん」

僕「おお~,でかいな.ありがとう」

相手さん「実はな,他にもう一個あるで」

僕「なに?」

相手さん「じゃーん,豚まん」

僕「...一緒やん」

相手さん「え,ちゃうよ.豚まんは豚やん」

僕「肉まんは?」

相手さん「あ,豚や」

爆笑.
[PR]
by Tickerer | 2006-01-30 23:24 | 日常

今までに売れた本を読んでみようキャンペーン その8

報道危機―リ・ジャーナリズム論
徳山 喜雄 / 集英社
スコア選択: ★★★


もう何かここ数年ね,マスメディア(主にテレビ)の報道おかしくないですかと.報道番組ですか,それともワイドショーですかと.‘悲しいニュース’を演出するためのBGMとかね,‘ちょっと怪しい奴’って程度で‘報道側が意図するイメージ’を視聴者に植えつけるようなシーンをくり返し映したりね.新聞ですら,泣いてる写真を一部トリミングして涙を強調したりしてるしね.

バイアスかけすぎじゃないですかと.
まあそんなことをずっと感じていたのがこれを読むきっかけでした.

メディアスクラム(集団的過熱取材).やりすぎでしょ,あれ.
「メディア」vs「権力」のはずが,いつのまにか「メディア」vs「民衆」になってる.

これいかがなものか.

この本は,そういう問題点が生まれた経緯,ジャーナリズムOJTの限界,そして,未来への提言について述べています.

諸外国のジャーナリストの姿勢,制度,教育含め,勉強になりました.
でも,まだまだ読み足りない.他の本も探してみよう.
[PR]
by Tickerer | 2006-01-29 23:52 |

危機一髪

どうも.
女の子に言わせたい言葉は「私をさらって」
Tickererです.

相手さんが横浜に研修に行ってしまいました.

宿泊先のホテルから電話がありました.
することがなくてヒマだそうです.

僕「テレビでも見ときゃいいやん」

相手さん「それがなー,見れへんねん」

僕「何で?」

相手さん「カードがないと見れへんみたいやねん.わざわざカード買うのもなー」

僕「え.それ有料チャンネルの話やろ?普通の番組は見れるで」

相手さん「うそ!?あ,ほんまや!ついた!!」


あぶっねー.上司も一緒に行ってるんでしょ?
カード買いに行ってたら横浜であらぬ疑いをかけられるとこだったよ?
[PR]
by Tickerer | 2006-01-28 22:23 | 日常

今年いち

どうも.
「阪神の藤川に子供が生まれたら,デイリースポーツの見出しは『藤川育児』だ」
Tickererです.

アタック25の児玉清のモノマネをする人が大好きです.
機会があれば見てみてください.

僕「なあなあ,児玉清のモノマネするひと知ってる?」

相手さん「チッチキチーの?」

僕「そっちじゃなくて.こだまひびきのモノマネて.そんなやつおらへんやろ」

偶然.
しかし,Tickerer,会心のツッコミ.
[PR]
by Tickerer | 2006-01-27 23:54 | 日常

今までに売れた本を読んでみようキャンペーン その7

オニババ化する女たち 女性の身体性を取り戻す
三砂 ちづる / 光文社
スコア選択: ★★★★


タイトルだけ見ると最近の女性はオニババになってきてるから男達は気をつけろ~みたいな本かもと思いますが,全く違います.

フェミニズムの風潮も後押しして,近年女性の社会進出が増加しています.20代,30代でバリバリ働いて,働いていれば結婚もする必要もないし子供だって欲しくなけりゃつくらなければいい.

親だって,
「仕事を持っていて自分の生活費が稼げるんだったら,別に結婚する必要もないよ」
と言います.
でもそれは,裏を返せば
「生きていくのにお金さえあればいいよ」
と言っているようにも聞こえます.

本当にそうでしょうか?
女性に生まれたからには,女性しか経験しえない,本当の人生の喜びというものがあるのではないでしょうか.
せっかく持って生まれた自分の身体をおろそかにしないで,もっと正面から向き合ってみてはどうでしょうか?

...と,いう本です.

正直,僕は女性ではないので分からない(実感がわかない)部分は多々あります.でも,月経はつらそうだなとか,妊婦さんは色々大変そうだなとか,出産は何だか良く分からないから怖いななどという漠然とした思いくらいは持っています.きっと,女性は僕が思っている以上の思いを持っているのでしょう.

でもこの本に書かれているのは,そういった“辛さ”ではありません.
詳しくは読んでもらえばいいと思うのですが,ここに書かれているのはそういうこれまで“苦行”とさえ認識されてきた女性の“経験”を,もっと大切なものとして向き合っていこう.その姿勢一つで“苦行”が“喜び”に変わるのだよと.むしろ,“喜び”の姿こそ本来そこにあるべき形なのだよと.

そういうことを教えてくれる本です.女性には是非一読していただきたいと思った本です.きっと“当事者”ならではの,僕と違った感想も持たれることでしょう.「そんなにうまくはいかへんよ」とかいう話も聞いてみたいところです.

あと,なぜ僕がこんなにこの本を好きになったのかというと,本の中に“温かみ”が感じられるんですね.筆者は40代半ばの女性で,大学教授を務めたり,「助産婦のいないブラジルに助産婦をつくる」といった活動をされていた人なのですが,この人の語り口調が優しいのです.文章の書き方がどうとかそういうことではなくて,行間に隠れた想いというか,本当に相手(女性)のことを考えて,“伝えて”くれているんだなぁという思いをひしひしと感じました.

そう,縁側でおばあちゃんがお話してくれている情景が思い浮かびました.
それは“オニババ”ではなく,何でも包み込んでくれる“おばあちゃん”でした.
[PR]
by Tickerer | 2006-01-25 22:46 |

博士が愛した数式

文庫本で読もうかどうか迷ったのですが,寺尾聰と深津絵里に魅かれて映画にしました.

博士は80分しか記憶が保てません.今は義姉の援助を受けながら生活を送っています.そこに家政婦としてやってきた杏子(深津絵里)とその息子ルートとの生活が始まります.

博士は80分しか記憶が保てないので,当然,毎朝やってくる杏子のことは覚えていません.スーツにピン止めしたメモ用紙を見て毎朝やってくるその人が誰であるかを確認するのです.そして,博士は博士流のコミュニケーションを用います.

「君の靴のサイズは何センチかね?」

「24です」

「ほう,実に潔い数字だ」

毎朝のこの会話から一日が始まります.なぜ24が潔い数字なのかは劇場か本で確かめて見て下さい.

博士は80分しか記憶が持たないということに苦悩しますが,それでも物語全体が暗くならないのは,博士からあふれくる優しさというか温かみが大きいのだと思います.

そして,博士は数や数式を通して杏子やルートに大切なものを教えます.

映画を見たというよりも,詩を読んだという方が近い表現な気がします.好き嫌いもあると思いますが,僕は好きでした.

博士の愛した数式が何であったか,見てみるのも興味深いですよ.
[PR]
by Tickerer | 2006-01-22 23:55 | 映画

名言とは何ぞや

『夢とハンカチを忘れるな』

という言葉が気に入りました.


『「あいつの彼女は可愛いらしい」と言われるよりも,「あいつの彼女はエロいらしい」と言われた方が悔しい』

という言葉は言いえて妙でした.
[PR]
by Tickerer | 2006-01-19 23:35 | 日常

今までに売れた本を読んでみようキャンペーン その6

問題な日本語―どこがおかしい?何がおかしい?
北原 保雄 / 大修館書店
スコア選択: ★★★


こちらきつねうどんになります.
きつねうどんになるの?

耳障りの良い言葉.
障りって悪いイメージですけど.

最近,若者の間でよく聞かれる乱れた日本語を訂正しよう!!
みんな,昔からある本来の日本語をしっかり守って使おう!!

...という本ではなくて.

何故そういう使われ方をするのか.理由はどこにあるのか.
本当に間違っているのか.市民権をあたえてもよい現代語もあるのではないか.

という風に,日々刻々と生まれては消える『言葉』について,柔軟な視点から分析している本.「正しい用法」,「明らかに誤用」,「これから辞書に載るかもしれない用法」についてきちんと知っておくことができる.

勉強になりました.

ただ,文中で品詞名を多用しているのがやや読みにくかった点ではある.
というか,忘れていたのが悲しい.
[PR]
by Tickerer | 2006-01-18 23:14 |

今までに売れた本を読んでみようキャンペーン その5

話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く
アラン ピーズ バーバラ ピーズ Allan Pease Barbara Pease 藤井 留美 / 主婦の友社
スコア選択: ★★★★


そう,もう4年くらい前のベストセラーを読む.
遅い?今なら50円だぜ.

なぜ男は一度に一つのことしかできないのか.
なぜ女は男の浮気を簡単に見破ることができるのか.

男女の脳の仕組みの違いから,男と女の違いの不思議を解き明かす.

という本ですね.

で,なぜなぜ女は男の浮気を簡単に見破ることができるのか.
それは,女の脳は周辺視を得意としているから.

へー.
女の人は周辺視が得意なんだ.

周辺視...
女は...得意!? Σ(゜□゜;)

男女差!?
何!?その情報!?

嫌がらせ!?


あと,ちょっとエッチな話についても載っている.
エロティシズムを学術的論点から考察しているのに,そこを少し斜めから読んでしまう僕はまだまだ若い.
[PR]
by Tickerer | 2006-01-17 23:24 |

喫茶

どうも.「あなたの知っている単語の中で最も難しい言葉は?」と聞かれたら「粉飾決算」と答えてしまう,ボキャブラリーの少ないTickererです.

今日は地元にある老舗の喫茶店に行ってきました.20年以上続いているお店とあって,美味いに違いないと密かに行く機会を狙っていたのです.

さすが老舗だけあってお客さんは年配の人達ばっかり.
そんな中に若いカップルが一組.

いえ,正確には,あそこではアベックというのでしょう.

ヤングなアベックがヒーコーしばきながら,いなせなトークでランデブー.

なのでしょう.

さすがに20年以上続いているお店だけあって,コーヒーは美味かったです.

ランデブー 意味よく知らんが ランデブー
[PR]
by Tickerer | 2006-01-15 23:36 | 日常