アイスじゃないよ 本だよ 31

重力ピエロ
伊坂 幸太郎 / 新潮社
スコア選択: ★★★★

内容(「BOOK」データベースより)
兄は泉水、二つ下の弟は春、優しい父、美しい母。家族には、過去に辛い出来事があった。その記憶を抱えて兄弟が大人になった頃、事件は始まる。連続放火と、火事を予見するような謎のグラフィティアートの出現。そしてそのグラフィティアートと遺伝子のルールの奇妙なリンク。謎解きに乗り出した兄が遂に直面する圧倒的な真実とは―。溢れくる未知の感動、小説の奇跡が今ここに。

ポップなセリフでリズムを刻んでるような物語.ガラス一枚隔てたような,どこか現実とは違う空間を創り上げるのは,主人公の弟「春」.ほか魅力的な人物多数.ちゃっかり引き込まれた読者一名.この作者の本,もっと読んでみたい.

「楽しそうに生きてれば,地球の重力なんてなくなる」
「その通り.私やあなたは,そのうち宙に浮かぶ」

まさにスタイリッシュな現代文学と評した解説に,「うん,そうかもね」なんて素直にうなずいてしまうのは,まだまだおいらが本を読んでない証拠.あちゃー.
[PR]
# by tickerer | 2007-02-03 01:01 |

まさしく本だ 30

クライマーズ・ハイ
横山 秀夫 / 文藝春秋
スコア選択: ★★★★★

内容(「BOOK」データベースより)
1985年、御巣鷹山に未曾有の航空機事故発生。衝立岩登攀を予定していた地元紙の遊軍記者、悠木和雅が全権デスクに任命される。一方、共に登る予定だった同僚は病院に搬送されていた。組織の相剋、親子の葛藤、同僚の謎めいた言葉、報道とは―。あらゆる場面で己を試され篩に掛けられる、著者渾身の傑作長編。

これまで読んだことのある本の中で一番よかったです.本当に大傑作だと思いました.まだ読まれたことのない方は,是非とも,是非とも読んでみて下さい.

十冊の自己啓発本よりこの一冊.仕事に向かうってのはこういうことだと,ガツンと背骨を殴られました.痛かったよ,なんせ十冊は分厚いもん.

一生に一度でいいから,ここまで本気で自分の仕事と向き合ってみたいと思いました.僕はまだ山に登る気はありませんが,そうだな,35くらいになったら,もう一回,この本を読みなおそうって思っています.
[PR]
# by tickerer | 2007-01-27 02:01 |

ほ.ん29

仮面山荘殺人事件
東野 圭吾 / 講談社
スコア選択: ★★★


内容(「BOOK」データベースより)
八人の男女が集まる山荘に、逃亡中の銀行強盗が侵入した。外部との連絡を断たれた八人は脱出を試みるが、ことごとく失敗に終わる。恐怖と緊張が高まる中、ついに一人が殺される。だが状況から考えて、犯人は強盗たちではありえなかった。七人の男女は互いに疑心暗鬼にかられ、パニックに陥っていった…。

前の本の隣に置いてあったから一緒に購入.コナンにありそうなストーリーでしょ.でもあんなに爽やか(?)じゃないぜ.
( ̄ー ̄)☆
強盗びっくりするよね.「何で今すんねん」みたいなこと言ってたからね.「うそん」とかね.「今はやめとこうよ」みたいなね.フィーリングだけどね.泣きが入ってたからね.
[PR]
# by tickerer | 2007-01-21 00:44 |

ほーん28

レイクサイド
東野 圭吾 / 文藝春秋
スコア選択: ★★★★

内容(「BOOK」データベースより)
妻は言った。「あたしが殺したのよ」―湖畔の別荘には、夫の愛人の死体が横たわっていた。四組の親子が参加する中学受験の勉強合宿で起きた事件。親たちは子供を守るため自らの手で犯行を隠蔽しようとする。が、事件の周囲には不自然な影が。真相はどこに?そして事件は思わぬ方向に動き出す。傑作ミステリー。

舞台は湖畔.役者は子役を含め十数人.惹かれませんか,この設定.余分な贅肉を全部こそぎ落としてプロットだけでクイクイ誘導されていってしまった.楽しく読めた一冊でした.
[PR]
# by tickerer | 2007-01-15 22:04 |

本 27くらい

邪魔〈上〉
奥田 英朗 / 講談社
スコア選択: ★★

内容(「BOOK」データベースより)
及川恭子、34歳。サラリーマンの夫、子供二人と東京郊外の建売り住宅に住む。スーパーのパート歴一年。平凡だが幸福な生活が、夫の勤務先の放火事件を機に足元から揺らぎ始める。恭子の心に夫への疑惑が兆し、不信は波紋のように広がる。日常に潜む悪夢、やりきれない思いを疾走するドラマに織りこんだ傑作。

ここ数年の世相を顧みてみると,決して他人事ではないのかと気鬱になったりもしてしまうのです.目を凝らして生けよって言いたかったんだろうか.
[PR]
# by tickerer | 2007-01-14 22:23 |

しめくくりに

一年お疲れ様でしたってことでちゃんこ食いに.

Chanko Dining 若

四条通にできたしちょっと行きたかったのです.
塩ちゃんこあっさり,お酒すっきりでグーでした.

一年お疲れ様でした.来年もよろしくお願いしまーす.
[PR]
# by tickerer | 2006-12-30 23:18 | 日常

最近本ばっかだ 26

肩ごしの恋人
唯川 恵 / マガジンハウス
スコア選択: ★★

内容(「BOOK」データベースより)
自立した女は他人も自分も信じられない。女性を武器にする女は結婚、離婚を繰り返す。そんな27歳の二人の主人公と物語を紡ぐのは男子高校生、やさしい妻帯者、美しいゲイ…。等身大の女性を描く長編本格恋愛小説。第126回直木賞受賞。

ほぉぉぉぉ.等身大の女性,こわ.
読むんじゃなかった,男のオレ.
[PR]
# by tickerer | 2006-12-30 22:51 |

本ばい 25

13階段
高野 和明 / 講談社
スコア選択: ★★★★★


内容(「BOOK」データベースより)
無実の死刑因を救い出せ。期限は3ヵ月、報酬は1000万円。喧嘩で人を殺し仮釈放中の青年と、犯罪者の矯正に絶望した刑務官。彼らに持ちかけられた仕事は、記憶を失った死刑囚の冤罪を晴らすことだった。最大級の衝撃を放つデッド・リミット型サスペンス!第47回江戸川乱歩賞受賞作。

面白い.文句なし!
明治以降の日本において,十三階段の死刑台が作られたことはないらしい.けれど,十三という数字は皮肉なもので,死刑執行起案書は十三名の官僚の決済を受けるんだそうです.この本を読むと,その十三名は決して事務的に判を押しているわけではなく,人間ひとりの運命をそこで決定してしまうという罪の意識に近いものを背負って「職務」に当たっているということがよく分かります.「お前のような人間がいるから,死刑がなくならないんだ!」怒りを露にした主人公の一人が口にした言葉が,ずしんと圧し掛かりました.彼は死刑に立ち会う刑務官なのです.
とまあ,何やら重いテーマを背負った,読むのがしんどそうな作品だなぁと思われそうな駄文紹介になってしまっておりますが,決してそんなことはありません.物語はテンポよく,ミステリー性も十分に,どんどんどんどん引き込まれていく感じです.映画にもなりましたが,解説(宮部みゆき)によると,あちらは作者も気に入っていない様子.
てな感じで,明日からまた仕事だー!!うおー!!
[PR]
# by tickerer | 2006-12-17 02:17 |

がっつり読みたいなぁ本 24

夜のピクニック
恩田 陸 / 新潮社
スコア選択: ★★★★

内容(「BOOK」データベースより)
高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。それは全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通すという、北高の伝統行事だった。甲田貴子は密かな誓いを胸に抱いて歩行祭にのぞんだ。三年間、誰にも言えなかった秘密を清算するために―。学校生活の思い出や卒業後の夢などを語らいつつ、親友たちと歩きながらも、貴子だけは、小さな賭けに胸を焦がしていた。本屋大賞を受賞した永遠の青春小説。

全国の書店員投票により決定される本屋大賞.本屋さんが,「これを是非読んで欲しい!」という本に与えられる本屋大賞受賞作.作中の歩行祭っていうのは主人公の通う高校の修学旅行みたいなもの.「その話は夜までとっとくよ」なんてセリフを聞いたとき,「くあっ,懐かしい!」と羨ましがりながら,自分の修学旅行を思い出して口元が緩むのを懸命に我慢したり.(電車の中だからね).気持ちのいい読後感.そう言えば,友達の好きな子聞き出すのうまかったなあ,おれ.
[PR]
# by tickerer | 2006-12-13 02:10 |

本 23

地下鉄(メトロ)に乗って
浅田 次郎 / 講談社
スコア選択: ★★★★

内容(「BOOK」データベースより)
永田町の地下鉄駅の階段を上がると、そこは30年前の風景。ワンマンな父に反発し自殺した兄が現れた。さらに満州に出征する父を目撃し、また戦後闇市で精力的に商いに励む父に出会う。だが封印された“過去”に行ったため……。

映画化されているようですが,おそらく本とは若干違う内容になっているのでは?(映画の予告編で見たようなシーンはありませんでしたから).内容の要約は上記の通りですが,バックトゥザヒューチャーをイメージするような,明瞭快活なタイムスリップ物語というわけではありません.戦中の満州,戦後の闇市を生き抜いた親父の姿をまざまざと見せつけられ,そしてまた違う時代,違う方向へと主人公は導かれ,ラストへ.
タイトルを飾っている地下鉄(メトロ)の描写がすごい.16章,おすすめです.
[PR]
# by tickerer | 2006-12-10 01:35 |